明日が見えるサプリな電子本や書籍のおすすめサイト

「明日が見えるサプリな電子本や書籍のおすすめサイト」へようこそ!
世の中、最近ほんとに難しい。ニュースを見ていても、心が温かくなるようなものは何もない。なんか世の中殺伐としてる。
 みんなくだらない番組を見て、憂さを晴らしてる感じですな。「騙されたら、あきません!」勉強せなあきません。
「明日が見えるサプリな電子本や書籍のおすすめサイト」では、皆さんにとって、元気の出る、明日が見える、あなたのサプリになるような本を紹介します。
忙しいが、毎日が疲れているあなたがちょっとでも元気になればという思いです。

タグ:認知症

「恍惚の人」(有吉佐和子著、新潮社、昭和47年刊)

 本棚に色あせた古い本を見つけた。私の学生時代に読んで、ある意味衝撃を受けた。「恍惚の人」(有吉佐和子著、新潮社、昭和47年刊)である。本の紙は黄色くなり、カバーは色あせている。しかし、ざーと読み直してみて、その書かれている内容は決して色あせてはいないし、今尚燦然と輝いているように思うのだが。その当時はまだ若かったが、いつか自分もそうなるのではないかという漫然とした恐れが心の片隅に沈殿していたのは事実だ。

 「恍惚の人」はベストセラーとして世に迎えられたが、文壇からは「あんなもの小説じゃない」との声や、丹羽文雄の『嫌がらせの年齢』には及ばないなどの批評があがるなど、文学界から冷遇を受け、有吉はショックを受けた。さらに印税1億円を寄付しようとしたところ多額の贈与税を課されることが分かり、有吉は新聞広告を打ってその不合理を訴えた。

 仕事を抱えながら自分が茂造の面倒をほぼ一手に見ることについて、嫁の昭子が不満を抱くけれども、それに耐え抜いた女性の芯の強さが描かれている。 今の世であれば、こうはならないであろうと思った。それは30数年前は全て女性にかぶせてしまって平然としていた世の中の風土が今では少し変わってきているのかもしれないことの反映だと思う。

 インターネットでは、「また認知症になった茂造が不可解な「他者」として描かれ、その内面心理の動きに全く関心が払われないところは、現在の認知症介護の観点からすると問題を含むであろう。」というコメントもあるが、これは今だから言える話であって、認知症という症状を本人が認識できるようになったのは、ごく最近のことではないだろうか。
 この小説の題である「恍惚」という言葉で初めて?そのような人がいるということを世間の人に認識させたのであって、それから後も、ぼけ、痴呆症など用語自体も定まっていなかった。
 今は予備軍も含めると認知症が疑われる人々が、回りに満ち溢れていて、きちんと向き合わざるを得ない時代に突入している。
 この小説が世に出て、20数年して、「自己責任」という言葉が聴かれるようになった。認知症になったことは、自己責任かもしれないが、1千万人の人が街に溢れる状況での放置・放任は、単なる自己責任では許されない。

「脳が壊れた」(鈴木大介著、新潮新書 2016)  この世に生を受けて、ずーと一貫して「ええ格好し」を通してきた自分にとって最も恐ろしいことは、認知症になることや自分が壊れていくことである。最近特に物忘れが激しいと自覚するようになってきて、常に認知症になっているのでは、という恐れが付きまとっている。体は特に悪いところはないだけに、頭の病気だけにはかかりたくないというのが、最大の希望である。
 そのような時に、新聞広告でこの本の発売を知りすぐさまアマゾンに申し込んだ。
 今までこの手の本は読んだことはあるが、実際に「脳が壊れた」本人が自分の「壊れた脳」で、自分の手を使って書いた本というのは、見たことがない。ある意味「死後の世界を見てきました」という体験記?と変わらない眉唾物かと思いきや、これは違う。実際に壊れた脳をほぼ元通りの機能に作り変え、この世に戻ってきた体験記だ。大いなる勇気をもらった!
 「感情失禁」という言葉があるのを初めて知った。自分は近頃「涙もろくなってきた」と考えていたものが、実は認知症の一つの現れであることを知り、「ここまで来ているのか」とある意味愕然とした。また「高次脳機能障害」についてもしかりである。
 作者が死の淵から帰ってきて、健常者と変わらぬところまで機能を回復させたという事実に驚くと同時に、闘病生活をその内面から見て「文字化」した功績は実に素晴らしいと思う。改めて、脳梗塞、脳が壊れるとはこういうことかと思い知ることとなった。
 3番目にリハビリに過程で見せた療法士の人たちのすばらしさに感心した。最近テレビなどで「日本の名医」と医者ばかりがクローズアップされることが多いが、この人々の存在はもっともっと評価していいのではないかと感じる。

↑このページのトップヘ